代表ブログ

【外壁】お気に入りの模様を活かす!クリヤー塗装による塗膜で外壁保護の事例


こんにちは!ウチケンスタッフです。
今回のブログは、デザイン性の高いサイディングにおすすめ!
「クリヤー塗装」についてお話していきたいと思います。
外壁塗装は色を付けるもの!というイメージはございませんか?
しかし、今回ご紹介するのは透明な塗料を使った外壁塗装の方法でございます。
「あえて透明な塗料を選ぶ意味ってなんだろう??」
本日は、定期的に更新しているマイベストプロ静岡のコラム記事の内容を含めながら
さらに詳しくお話していこうと思いますので、興味のある方は是非最後までご覧下さい。


まずはじめに

「なぜ外壁塗装が必要なのか」ご存じですか?
外壁塗装の寿命は約10年と言われています。

この寿命は立地と気候条件が大きく影響しており、10年というのもあくまでも目安。
持ちが悪い場合もあれば、逆に、10年以上良い状態を保てる場合もあります。
外壁塗装というのは明確な時期は想定できないのです。
明らかに劣化が進めば、「これは考えなくてはいけない」と危機感を覚えると思いますが
見た目が綺麗な場合は、塗装の必要性を感じないかもしれませんね。

しかし、忘れてはいけないことが1つあります。
その「綺麗」は外壁塗装によってつくられた「塗膜」によって維持されている、ということです。
塗膜で外壁を保護しなければ、住まいを長持ちさせることは不可能。
そのしっかりとした塗膜を途切れさせることは、お家にとってとても危険です。
外部からの刺激から外壁材を保護してくれる塗膜を維持していく。
それが「外壁塗装」の目的なのです。

透明な塗料の魅力とは

クリヤー塗装の魅力は、なんといっても既存の雰囲気そのままにすることが可能なところ!
最近の新築はお洒落なサイディングの外壁が多いですよね。
「多彩で複雑な配色が素敵・・・!」
こだわって決めた外壁なのに、単色で塗りつぶしてしまうのは勿体ない。
そう思ってなかなか踏み切れない方も中にはいらっしゃるかもしれません。
一度塗りつぶしてしまえば、その柄を再現することは不可能・・・
そんな時におすすめなのが「クリヤー塗装」なのです。
しかし、この塗料で施工するためには注意点がいくつかございます。
色付きの塗料を塗る、いわゆる“塗りつぶし塗装”と呼ばれる方法と、
今回のようなクリア塗装の割合を比べると塗りつぶし塗装が圧倒的に多い背景には
下記の注意点が大きくかかわっているかもしれません。

注意点


【外壁の劣化がない・少ない状態であること】

顔料が含まれない透明な塗料は、たとえばクラック(ひび割れ)等の下地補修が必要な場合、
補修した部分が丸見えになってしまい、見た目はお世辞にも綺麗とは言えません。
また、チョーキング(手で触ると白い粉がつく)という劣化のサインが現れている場合には、白濁や剥がれなどの施工不良に繋がってしまいます。
このような理由から、劣化症状の現れていない外壁にしか向かないのです。
新築から7~8年であれば、クリヤー塗装ができる確率が高いでしょう。
新築時に塗り替えのことを考えてらしゃる方は少ないと思いますが、
建物が綺麗なうちに、塗り替えの知識を増やしていくことをおススメいたします。

【特別なコーティングされていないサイディングであること】

新築時に光触媒(日光で汚れを浮かせる)・無機・フッ素などの塗料を使った場合、密着せずすぐに剥がれてしまう可能性があり、性質上の問題で施工を行う事ができません。
見た目ではどの塗料が使われているのかは判断が難しいため、事前に建てた業者に確認したり、図面の記載メーカーのサイディング情報を調べておくと、スムーズに話が進むでしょう。



クリヤー塗装のメリット

【外壁に艶がでる】

クリヤーな塗料を塗ることで艶が出て、建物自体を新しくみせることができます。
また、汚れが付きにくくなるメリットも。
ツヤひかえめ、3分ツヤ、ツヤ消し・・・などツヤの調整も可能です。

【チョーキングが発生しない】

劣化した外壁に触れると手や服が汚れた!なんてことも。
しかしクリヤー塗料には白く粉を吹く顔料自体が含まれていないため
このチョーキング現象が発生しません。
ただし、これはデメリットにもなるので注意が必要です。
また下記でご説明いたします。

【施工単価が比較的安い】

クリヤー塗装と塗りつぶし塗装を比べると、下処理工程は変わらないのですが

クリヤー塗装:2回塗り
塗りつぶし塗装:3回塗り

と、塗装回数が少なくなります。もちろんその分の施工単価が引かれるため、
比較的に安く仕上げることができます。


デメリット

【チョーキングが発生しない】

確かに汚れることはなくなるのですが・・・。
チョーキングは劣化具合を示すサインであり、ご自身でも簡単に塗装時期を確認する方法の1つでもあります。
クリヤー塗装を行った後は定期的に業者に点検してもらう必要が出てくるでしょう。
ただ基本的には塗装後もアフターメンテナンスとして定期点検を実施しておりますので
そこまで心配するようなデメリットではないかもしれませんね。

【塗り替えのスパンが通常の塗料より少し短い】

どちらの塗料にもグレードというものがあり、グレードによって耐久年数が変わってきます。
(もちろん、年数が長ければ長いほど値段も高くなります。)
同じフッ素のものと比べると、通常の塗料が約15年なのに対し、クリヤー塗料では約13年。
これは、クリヤー塗装の塗装回数が1回少ない点も関係しています。
次回の塗替えのことも視野にいれて、検討されることをおススメいたします。

実際の施工事例

今回のご依頼頂いたお客様のご自宅の状態は、大きな破損等はなく塗替えに適していました。
外壁にはお客様のお気に入りの模様が。
今回はその模様を活かすために、あえてクリヤーな塗料でしっかりとした塗膜をつくっていきます。



 お気に入りのデザインそのままに、艶がプラスされまるで新築!
素敵な仕上がりになりました。

▼詳しい施工事例はこちらをご覧ください
浜松市 外壁のお気に入りの模様は塗替えで消えてしまうの?!元の模様を活かしつつ塗膜をつけ下地を保護した塗り替え事例
 
建物を長持ちさせる為には、定期的なメンテナンスを行う事が重要です。
先ほどもお伝えしましたがクリヤー塗装は劣化が進んでしまっては施工できません。
お気に入りのデザイン性のあるサイディング外壁を使われている建物の場合は特に、
早めに業者に点検してもらうことをおすすめいたします。
その行動1つで塗り替え方法の選択肢も増えるはず。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Facebookページにいいねをすると、更新の度にお知らせが届きます。
そちらも是非ご活用くださいませ。
それでは、また更新いたします。
下記リンクも是非参考になさってください。

 ☆★☆       お得な情報        ☆★☆



▼WEBからのお問合せ+現地調査でお見積りしていただくとQUOカードプレゼント実施中。
■こちらからお問合せください。


☆おすすめブログのご紹介☆
 
▼多くの方が意外としらないマメ知識をお教えいたします!
火災保険はこんな場合にも適応されるかも?ブログも参考になさってください。

■浜松 火災保険を使って雨漏り修理が できるかもしれない?
■雹で家に穴が・・・・
 
▼台風に強い家をつくるなら、後付けシャッターがおすすめです。

■【浜松】【台風対策】シャッター取付もお任せください!
 
▼穴があいた!!!そんな場合もご安心ください。
ポリカーボネートの修理についてのブログも公開中です。

■浜松でポリカの修理をしたい! 業者を探しているあなたへ
 
 
▼おすすめブログ

■外壁を長持ちさせる方法はある? 注意点など知っておきたい事
 
▼静岡新聞マイベストプロ【静岡】でコラムを掲載中!
好評だったコラム記事はこちらをご覧ください!

塗装職人の仕事とは
マナーも仕事の一部

 

浜松のウチケン、SNSデビュー!
更新情報や、ウチケンスタッフの日常が垣間見えるかも。
是非こちらのほうもごらんください!

インスタグラムはこちら
Facebookはこちら
LINE@はこちら

マイベストプロ静岡にて取材記事、コラム記事など
掲載させていただいております。
こちらの更新も頑張って参りますので是非ご覧ください。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
 
皆様の住宅をお守りする、住宅塗り替えリフォーム専門店

塗装に関することなら何でもご相談ください。
もちろん内装、水廻りのリフォームも得意ですよ!!

静岡県浜松市浜北区中条1117-2   

株式会社 内山建装(代表取締役 内山雅彦)

TEL 053-585-5112
FAX 053-585-5113

フリーダイヤル 0120-030-592
 

スタッフブログ、施工事例、更新中!!ぜひ見てくださいね!!  
 
 
 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 

 
 

【外壁】
お気に入りの模様を活かす!
クリヤー塗装による塗膜で外壁保護の事例