リフォームコラム

【浜松】外壁材「ガルバリウム鋼板」は本当にメンテナンスが必要ないのか?


こんにちは、ウチケンスタッフです。

最近、金属サイディングボードの「ガルバリウム鋼板」を使用する外壁や屋根が増えてきました。
従来の外壁の素材とは異なり、金属メッキで覆われたシックでモダンな印象の建物をどこかで一度は見かけたことあるかもしれません。
近年、注目を集めている「ガルバリウム鋼板」の最大のメリットとして「メンテナンスが必要がない」と言われていることが多いです。
そこで今回は、
外壁材「ガルバリウム鋼板」は本当にメンテナンスが必要ないのか?ということについてご紹介していきたいと思います。


ガルバリウム鋼板とは?

金属サイディングボードの1つであり、銅板という鉄をベースにした板にアルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%の配合でできた合金を金属メッキ加工をしたものとなります。
このメッキのおかげで金属にもかかわらず、「錆びにくい」「軽い」などの特徴を持っています。
ですが、ガルバリウム鋼板の取り扱いは難しいため塗装や張り替えなどの施工ができる職人さんに頼む必要があります。

▼きちんとした業者を誰しも選びたいと思うはず。そのコツとは?詳しいことはコチラから。
残念ながら悪徳業者のいる業界ですが | 浜松の塗装専門店ウチケン
【浜松・浜北の塗装 ウチケン】業者選びで失敗しないためのポイントをご紹介


ガルバリウム鋼板のメリット・デメリットとは?

メリット① 錆びにくい
通常、金属系サイディングボードは軽くて丈夫なのに錆びやすいという特徴があります。
ですが、ガルバリウム鋼板は金属で出来ているのに錆びにくい特徴があり、その錆びにくさはトタンの数倍以上とも言われ、金属製の外壁材として優れています。
しかし、酸性雨が降る地域や錆びた釘の接触によるもらい錆などにより錆びる可能性はあるため全く錆びないというわけではありません。
ガルバリウム鋼板はメンテナンスが必要ないと言われていますが、きちんと手入れをしなければ錆びてしまう可能性があるためメンテナンスは必要となります。

メリット② 寿命が長い(耐用年数が長い)
ガルバリウム鋼板は金属製の外壁材としては、寿命が長く20~30年以上持つと言われています。
これがメンテナンスが必要ないと言われている理由の1つだと思います。
ですが、先程も述べたように、ガルバリウム鋼板はメンテナンスが必要ないわけではありません。
メンテナンスをきちんと行うことで錆の発生を防ぎ耐久性を保つことで長く愛用することが可能となります。

メリット③ 耐震性が高い
本来、金属は重いものですが、ガルバリウム鋼板は薄くて軽い素材となっています。
他の外壁材と比べても軽いことからガルバリウム鋼板は耐震性が高く、そのため家に負担をかけにくく地震などが起こった際に家に与える影響が少なくなります。
薄くて軽いとなぜ耐震性が高いのかというと、地震によって建物にかかる負担は建物の重さにほぼ比例しているため、重い建物ほど地震で倒壊する危険が高いとされています。


デメリット① 費用が掛かる
ガルバリウム鋼板は傷が付きやすく非常にデリケートな材質なため、日々メンテナンスが必要となります。
また、傷が付いた部分は錆びやすくなる性質があるため適切な塗装を行う必要があります。
後で詳しく述べますが、ガルバリウム鋼板は断熱機能がほとんどないため別に断熱材を設置する必要があるため初期費用が高くなってしまいます。
ガルバリウム鋼板は初期費用から錆びないように日々メンテナンスするランニングコストもかかるためコストパフォーマンスは高めとなっています。

デメリット② 断熱機能を確保する必要がある
先程も少し述べたように、
ガルバリウム鋼板は断熱機能がほとんどないため別に断熱材を設置する必要があります。
既に建てられた建物には断熱構造がある程度設けられているため問題はないかと思いますが、断熱材を別に設置しなければならない場合もあるのでその点は覚えておいて損はないかと思います。

デメリット③ 外観の好き嫌いが分かれる素材である
建物の外観は印象を決める大事なことではありますが、人によっては好みが分かれてしまうのは確かです。
ガルバリウム鋼板は、好きな人には「かっこいい」「シック」「モダン」などの良い印象を持たれますが、「トタンのような」「倉庫みたい」「安っぽく見える」などとあまりよく思わない印象を持たれることもあります。

ガルバリウム鋼板は、錆びにくいけど錆びる可能性はあることメンテナンスは必要であることをこれまでご紹介してきました。

そして、錆にはいくつか種類があり
◆赤錆
◆白錆
◆もらい錆

というのがあります。

赤錆は、表面に傷などができて発生する錆となります。
白錆は、潮風や湿度が高く乾きにくい場所に発生する錆となります。
もらい錆は、他の金属から錆が移って発生する錆となります。

他にも、もらい錆のような錆びた金属の接触以外にも、錆びてない金属が接触しても錆びてしまう現象が起きることがあり、それを電食(異種金属接触腐食)言います。
また、金属以外でも木材に含まれる酢酸の一種によりガルバリウム鋼板を腐食させてしまうことがあります。
ガルバリウム鋼板に金属製品や木製製品を接触させてしまうと、接触腐食を起こす可能性は充分にあり得ますので注意が必要となります。


ガルバリウム鋼板のメンテナンスの方法とは?

メンテナンスの方法は意外と簡単で、水を定期的にかけてあげることです。
建物が建っている地域にもよりますが月に1回程度、水で洗い流してあげると良いでしょう。
そして、ここで気を付けなければならないのが高圧洗浄などの水圧が強いものをガルバリウム鋼板に当ててしまうと、余計傷が付き錆を発生させる原因となる可能性があります。
家庭用の高圧洗浄とはいえ水圧は強く金属板には向いていないため、優しく洗い流す程度が理想です。

最後に、これまで何度も述べてきましたが
ガルバリウム鋼板にメンテナンスは必要です。
非常にデリケートな材質ではありますが、メンテナンスをきちんと行うことで長く使用することができます。
そして、扱いが難しいと言われている
ガルバリウム鋼板はできるだけ扱いに慣れた業者・職人さんに頼むべきだと思います。
ウチケンではお見積りは無料となっていますので、お気軽にお問い合わせください。
ブログの更新や施工実例なども定期的に更新していますので、ぜひチェックしてみてください。

▼ウチケンへのお問い合わせや過去のブログ、施工実例はコチラから!
無料お見積り・お問い合わせ
浜松・浜北の塗装はウチケン | スタッフブログ
浜松・浜北の塗装はウチケン | 施工実例

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Facebookページにいいねをすると、更新の度にお知らせが届きます。
そちらも是非ご活用くださいませ。
それでは、また更新いたします。


ウチケンは、コロナ対策もバッチリです!
下記リンクも是非参考になさってください

☆★☆  お得な情報   ☆★☆

▼WEBからのお問合せ+現地調査でお見積りしていただくとQUOカードプレゼント実施中。


内山建装が運営する新事業【防災シャッター.com】

■台風・竜巻対策
■防犯対策
■暑さ・寒さ対策

後付けシャッターでさまざまな問題を解決いたします。
ただいまOPEN記念で特典あり!
是非下記リンクから詳細をご確認ください。
防災シャッター.com

Instagram【防災シャッター.com】@bous.ai


■□■ ウチケンからのお願い ■□■

内山建装は実際の工事の感想や、会社の評価を募集しております。
googleアカウントでログインしていただき、
下記URLからポチっと評価していただけると嬉しいです。
これからも施工はもちろんのこと、SNS等で良い情報を提供できるように頑張ります!
皆様のレビューが力になりますので、是非ご協力お願いいたします(^^)
 
☆おすすめブログのご紹介☆
 
▼台風に強い家をつくるなら、後付けシャッターがおすすめです。

 
▼穴があいた!!!そんな場合もご安心ください。
ポリカーボネートの修理についてのブログも公開中です。

 
▼おすすめブログ
 

浜松のウチケン、SNSデビュー!
更新情報や、ウチケンスタッフの日常が垣間見えるかも。
是非こちらのほうもごらんください!

Facebook


Instagram【求人用】@nurikae_utiken



Instagram【施工写真】 @uchik_en
LINEでのお問合せも大歓迎!お友達登録は上の画像をクリックしてください!

マイベストプロ静岡にて取材記事、コラム記事など
掲載させていただいております。
こちらの更新も頑張って参りますので是非ご覧ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
 
皆様の住宅をお守りする、住宅塗り替えリフォーム専門店

塗装に関することなら何でもご相談ください。
もちろん内装、水廻りのリフォームも得意ですよ!!

静岡県浜松市浜北区中条1117-2   

株式会社 内山建装(代表取締役 内山雅彦)

TEL 053-585-5112
FAX 053-585-5113

フリーダイヤル 0120-030-592
 

スタッフブログ、施工事例、更新中!!ぜひ見てくださいね!!  
 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 


タイトル:【浜松】外壁材「ガルバリウム鋼板」は本当にメンテナンスが必要ないのか?